バストアップのためにツボを押す!?


e155e6cc574575e6fb02455fc58c7912_s

バストアップの方法というとマッサージやエクササイズなど様々な方法がありますが人気のある方法の一つにツボを押すというのがあります。

ツボを押してあげることで女性ホルモンの分泌を盛んにすることで乳腺の発達を目指すという方法になるのですが、この場合にはツボを押すのはもちろんですが、せっかくツボを押すのなら一緒にリンパマッサージも行うようにするとより効果的かもしれませんね。

ツボ押して女性ホルモンの分泌を活発にさせると胸だけでなく他にも影響がでてきます。肌の状態が良くなったり、髪の艶が出てきたりとこういったことは女性ホルモンの働きによるものですから女性にとっては胸だけでなく全身の悩み解消にもつながってくるのかもしれませんね。

胸の仕組みを知っておきましょう。

バストアップの方法はいくつもありますが、その基本となっているものはだいたい2つになってくるのではないでしょうか。

まずは胸を支えてくれている筋肉である大胸筋を鍛えるということと乳腺を発達させて胸を大きくするということですね。

この二つが基本となってバストアップにつながるということなのですが、大胸筋を鍛えるということではエクササイズが基本となってきますが、乳腺を発達させるのはどうしたらよいのかが問題です。

胸はその大部分が脂肪で、できています。そして最も大事なものとなっているのが乳腺となるのですが、体の大きな女性の場合には同じ乳腺の数であってもそこにしっかり脂肪がまとわりつくことで胸が大きくなっているのですね。

簡単には脂肪を増やしてあげればよいのですが、胸にだけ脂肪を付けるということは難しいですからね。だったら乳腺を発達させることで胸を大きくするといった方がよいでしょう。

乳腺を発達させるためには、女性ホルモンの分泌が欠かせませんが、近年女性も社会に進出することで大きなストレスを受けることも多く女性ホルモンがうまく分泌されないということがあります。

いろいろな女性ホルモンを分泌させるため方法を試してみるのもよいのですがまずは食生活や生活習慣、そしてストレスをためないようにする生活に気を付けてみるということも大事なことでしょう。

バストアップのための4つのツボ!

バストアップのためにツボ押しを行っているという人もいると思いますが、実際にどのようなツボを押しているのでしょうか。

バストアップには女性ホルモンの分泌と乳腺の発達というのが欠かす事のできないことになっていますから、それに必要なツボを刺激してあげる必要があります。

具体的な4つのツボは、だん中・天渓(てんけい)・渕腋(えんえき)・乳根(にゅうこん)です。この4つが胸を大きくするのに有効なツボとなってきます。

b9314aa8d65d23ecd2d887f7110b696b_s

バストアップに必要なツボの位置は?

バストアップに必要となってくるツボは何処にあるのでしょうか。ツボの位置を知ってしっかりとツボを刺激するようにしましょう。

まずは、だん中ですが、女性ホルモンの働きを促進させてくれるツボとなり左右の乳首をまっすぐに結んだ時の中心にあるのがこのツボとなります。軽く押してみたときに痛いと感じるところがありますからそこがだん中となります。

このツボはゆっくりと押すように力を入れていって、3秒程度押したらまた、ゆっくりと力を抜いてくるように刺激します。

次に天渓ですが、こちらは胸の外側にあるツボとなり、乳首の高さのままに両脇にずらしていくと骨と骨の間にやはり押すと痛みを感じるところがありますからそこを刺激するようにしましょう。

刺激の仕方は左右から体の内側に押すようなイメージでゆっくりと押すようにしましょう。

渕腋は、脇の下になるツボとなり、乳首から体の外側にななめ10cm位下にあります。ここも軽く押すと痛みがありますからその部分を親指でゆっくり押してあげましょう。

最後に乳根です。このツボは第五肋骨の間にあるツボとなり、乳首から指で2本分ぐらい下の位置になります。指でゆっくりと何回か押したり離したりするとよいでしょう。

これらのツボはそれぞれに血行をよくするツボであったり女性ホルモンの分泌を促進させてくれるようなツボであったり乳腺を発達させてくれるツボとなっていますから、押して痛いのを我慢する必要はありませんから痛いけど気持ちよい程度で刺激してみるとよいでしょう。

入浴後などに行うようにすればさらに代謝をよくして胸の成長に役立つでしょう。

リラックスタイムにツボ押しでさらに効果アップ!

胸を大きくするためにツボを押すというとどんな時に行うのがよいのでしょうか。お勧めなのは入浴後になりますが、こだわる必要は […]

続きを読む